南アルプス仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳の拠点となる北沢峠。

2020年シーズンから道路崩落、コロナのダブルパンチでアクセスが劣化していた。

これまで南アルプス林道バスは「戸台口〜歌宿」間の運行となっていたが、災害復旧工事の進捗により、2021年7月31日から「戸台口〜北沢峠」間で運行を開始するそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、一気に全面開通とはいかないようで

戸台口(仙流荘)→鹿の沢間:林道バス

鹿の沢→藪沢間:徒歩(約700m)

藪沢→北沢峠:無料シャトルバス

藪沢からのシャトルバスは林道バスの運行に接続して運行されるようです。

鹿の沢から北沢峠まで歩いてんも3.7kmなので選択肢は色々かと。

 

詳しくは

長野県伊那市ウェブサイト「南アルプス林道バス_北沢峠までのシャトルバス運行」
https://www.inacity.jp/kankojoho/sangaku_alps/minamialps/20210715_syatoru.html

 

ちなみに広河原→北沢峠間は2019年の台風被害により今年も運休。車両、徒歩共通行でできません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です