• Lorem Ipsum Dolor

    This is a sample description text for the slide.

  • Lorem Ipsum Dolor

    This is a sample description text for the slide.

テスト

ワード

変な感じ

山行レビュー

雲取山後篇

前編はこちらからどうぞ 今回の行動食はPanestシリーズのフロランタンケーキ、ハムチーズデニッシュに加え、嫁手作りのブラウニーで美味しさとカロリーを担保。 フロランタンケーキは140円で480kcal稼げるツワモノ。お菓子としてはギョエーというカロリーですが、行動食としては手軽に蓄積できます。 惣菜パン3つとブラウニーで約1,200kcal。トレイルミックス(おやつ)で600kcal。 小分けにしてラップに包んでおくのは必要な時にいつでも口に放り込めるように1〜2個はポケットに入れておくため。 行動内容、進捗によってはまとまった休憩が取れない場合もありますから。 長めの休憩が取れるほど頑張った時には少し贅沢にスープデリ! ちなみにこの日はハイドレーションにポカリ2L、ポットにお湯750mlを携行。 【雲取山頂2017→小雲取山→1937→七ツ石山→千本ツツジ1704】 午前10時。 赤指尾根のマイナールートを経てゴールとなる峰谷バス停を目指します。 計画としては中継地点となる「千本ツツジ」に13時、ゴールには16時と余裕をもって計画しています。 山頂から小雲取方面への下りはザレた足場のなだらかな下りが続きます。 防火帯の尾根に登山道が続いていく景観は、なんとも気分よろし! この日は富士だけでなく南アルプス方面もよーく見えていたので、これからのお山修行の楽しさを物語るようで軽快な気持ちで歩が進みます。 小雲取はピークというよりは肩みたいな感じ。登り返しはほぼありません 常に秀峰を視界にとらえながら天空の散歩道のような至福の空間を1時間ほど歩くと奥多摩小屋に到着します。 テント場では、昨日のうちにピークを踏んだであろう方々がくつろぎながら遅めの出発の準備をされていました。 石尾根をさらに30分ほど進むと唐松谷方面、そして鴨沢方面への巻き道を進路を分ける鞍部、ブナ平から七ツ石山を見上げることとなります。 七ツ石をパスして鴨沢に降りる場合は右側の巻き道から。 ブナ平から七ツ石山ピークまでは標高差で120m弱の登り返し。 地形図が表す通りピークから伸びてくる尾根に九十九折の登山道がついたとても面白い登山道です。 本日最後の登りなので歩幅、乗り込み、バランス移動を意識しながら丁寧かつ軽快に15分ほどでピークをパスして50mほど降り、鴨沢方面には向かわず、小袖からのツツジ咲く谷筋をトラバースしながら千本ツツジ分岐へと進みます。 山頂出発から標高差300m、3時間予定の区間を2時間20分となかなかいいあんべぇ。 【千本ツツジ1704→赤指山分岐1300→林道980→舗装道870 →峰谷バス停590】 千本ツツジからはあまり一般的でない赤指尾根を使って峰谷まで標高差約1,200mを下ります。 そうなんです、まだ1,200残ってるんですよ。 ま、ひたすら下り、最後の2kmは舗装道だしってことで4時間以内での下山を目指します。 12時30分千本ツツジを出発。 なだらかな尾根筋を尾根に乗ったり、外れたりしながらハイピッチで下ります。 僕らが降りで意識するのは「体が勝手にハイピッチで降っちゃうんですよー」的感覚。 ・ フォールライン(降る方向)に正対 ・ 骨盤を立て、胸を張り、ヘッドアップ すれば当然重力に従い身体は下に向かって落ちていきます。スキーと同じ。 で、しっかり膝から足あげてあげれば引っかかることなく下方へ前進。 前荷重になっているのでズルッとすってんころりんすることもありません。 こんな要領で千本1,700から赤指山分岐1,300までの標高差400mを約50分で降りてきました。 ここからは赤指山方面には進まず、峰谷川方面からの谷をトラバース気味に降る進路をとります。 ここまでの尾根筋の道とは異なり、片側が谷となるトラバースルート。 ところどころ、道幅も狭く昨日の雨の影響かところどころ崩落しているので注意深く進みます。 昨日の雨がゲリラ豪雨や台風だったらいとも簡単に崩落しそうな箇所がところどころあり、、、 ここまで降りてきて崩落していたら、千本まで登り返して別ルート行く?安全確保しながら先に進む? 単独や家族連れで来ていたら自分はどう判断するんだろうか。 地形図からトラース道とはわかっていましたが、正直ここまでのリスクは予測していませんでした。 ひとつ知識が増えた。 前の区間は標高差400を50分、トラバース区間は標高差300を約1時間かけて進みました。 トラバース区間が終わると整備された林道を経て峰の集落が点在する舗装道を2km弱進み峰谷バス停にたどり着きます。

高尾縦走に行ってきた

天気がよくて最高

どうやって

登山部

lifelabo 登山部 『初心者目線で山遊びの質を高める』がlifelabo登山部の基本コンセプト。 お山の知識、技術、山道具、身体作りなど他人に依存しているようでは遊びの質 は上がらない。 数年後、昭文社の実線、雪や岩の稜線を歩けるようになるためのトレーニング・ プラットフォーム。

最初はこんなはずではなかったのだが、、、 山の遊び方を習い始めた9月から、コンスタントに月2本以上の山行、といっても「山頂目指して登山!」というよりはテーマ、課題を決めた実地訓練的な山登りが続いている。 今月も2/9丹沢で読図、2/15飯能でボディコントロールと雨天行動、2/19筑波で疲れない登り降り、そして明日の裏高尾縦走路での読図山行。 こうなってくると山でのご飯、すなわち行動食もマンネリ化してくる。 そもそも、チャらく「山でも始めてみようかなー」と思い始めた頃はランドネなどを読みながら、コンロやコッヘルなど揃えて「棒ノ嶺で山ごはんとコーヒーこぽこぽ、、、」みたいなのを思い描いていたのですが。 行動中や小休憩時にこまめに食料摂取するようなストイックな山行を繰り返しているうちに「いかに効率良く、美味しく、低コストでエネルギーチャージするか」という方向に目覚めてしまいました。 基本、山遊び中に水分補給、栄養補給がうまくいかないと当然のことですが、思考、行動、コミュニケーションに影響が出てきます。 栄養補給に関しては「シャリバテ」という言葉があるように、糖質不足(血中のブドウ糖が不足してくる)により脳の機能が低下してして、「ぼー」っとしてくる。 そうすっと思考力も低下して「道迷い」「天候悪化などのリスクを見逃す」「転倒する」などのリスクにつながります。 そもそもどんだけ食わんといけんの? 山行中にどれくらいのカロリーを消費するか、、、、 一般的に言われている公式は 体重×行動時間×5 明日の地図読み山行は80kgのわたくしが、9時行動開始して14時行動終了予定。 80kg✕5時間✕5=2,000kcal おにぎり1個が150~200kcalとして、10 個食べないと消費分を補えない 。 行動中におにぎり10個は、、、食べたとしても別の意味で行動に支障が出ます。 そもそも「消化」という行為、、ってか現象は胃に血流が流れ込むので運動機能は低下します。 飯食った後、眠くなりますよね。 対応策の一つとしては行動前にローディング、、備蓄することができます。 すなわち、「朝ごはんをしっかり食べること」。 食べてる時間がないと反論する前にその分早く起きて食べること。 冷凍パスタやカップ麺でも4~500kcalはローディングできますから、行動開始から1.5時間ぐらいは朝ごはん分で補えます。 前日夜のご飯もしっかり食べておけばさらに完璧。 いよいよ本題。行動中のカロリー補給 低コストでアホみたいにカロリーと炭水化物を摂取できるもの、、そう、菓子パン。 体質改善に取り組んでいた頃は「悪魔の食べ物」として回避してきた、そう、菓子パン。 100円で400kcalって?は?台無しじゃん!みたいに思っていましたが、今では寒い時期の行動食の定番になってきました。 とくに最近注目しているのが、JR系のコンビニNew Days、kioskで扱っている「panest」シリーズの菓子パン、惣菜パンのグレード感が異様に上がっている。 販売チャネル自体がJR利用者以外にあまりニーズのないコンビニ、駅ナカなので知らない方も多いかもしれませんが。 “最上級のパン(Pan+est)を”そんな想いを込めた㈱JR東日本リテールネットオリジナルのパンです。バリエーション豊富で“見て”“食べて”満足して頂ける商品です。 とJRグループもバリバリに推している商品群。 中でも写真の「フロランタン風ケーキ」は「カリッと食感の飴がけアーモンドとサクッと食感のクッキー、しっとりとしたケーキに焼き上げました。 」というキャッチコピーをそのまま具現化したような美味しさ。 バターがふんだんに入っているので寒い日の山行でもしっとりしてパサつくこともありません。 140円で480kcal、炭水化物は68gも摂取できるという、、、山以外で食べたら恐ろしいことになりそうな。 写真の3点で約400円。総カロリー約900kcal。 朝食と合わせれば、ほぼほぼ目標に達しそうですが、全部たべれる時間が取れない場合もあるのでおやつがわりの副食は柿ピー、バタークッキー、チョコレートのトレイルミックス。 山で食べるご飯、、、たぶん何にも考えなくてもコンビニおにぎりや菓子パンは誰もが考えつくこと。そして、、深く考えても菓子パンになるという、、、 どーせなら深く考えたほうがいいじゃん。初心者なんだし。Read More →

前編はこちらからどうぞ 今回の行動食はPanestシリーズのフロランタンケーキ、ハムチーズデニッシュに加え、嫁手作りのブラウニーで美味しさとカロリーを担保。 フロランタンケーキは140円で480kcal稼げるツワモノ。お菓子としてはギョエーというカロリーですが、行動食としては手軽に蓄積できます。 惣菜パン3つとブラウニーで約1,200kcal。トレイルミックス(おやつ)で600kcal。 小分けにしてラップに包んでおくのは必要な時にいつでも口に放り込めるように1〜2個はポケットに入れておくため。 行動内容、進捗によってはまとまった休憩が取れない場合もありますから。 長めの休憩が取れるほど頑張った時には少し贅沢にスープデリ! ちなみにこの日はハイドレーションにポカリ2L、ポットにお湯750mlを携行。 【雲取山頂2017→小雲取山→1937→七ツ石山→千本ツツジ1704】 午前10時。 赤指尾根のマイナールートを経てゴールとなる峰谷バス停を目指します。 計画としては中継地点となる「千本ツツジ」に13時、ゴールには16時と余裕をもって計画しています。 山頂から小雲取方面への下りはザレた足場のなだらかな下りが続きます。 防火帯の尾根に登山道が続いていく景観は、なんとも気分よろし! この日は富士だけでなく南アルプス方面もよーく見えていたので、これからのお山修行の楽しさを物語るようで軽快な気持ちで歩が進みます。 小雲取はピークというよりは肩みたいな感じ。登り返しはほぼありません 常に秀峰を視界にとらえながら天空の散歩道のような至福の空間を1時間ほど歩くと奥多摩小屋に到着します。 テント場では、昨日のうちにピークを踏んだであろう方々がくつろぎながら遅めの出発の準備をされていました。 石尾根をさらに30分ほど進むと唐松谷方面、そして鴨沢方面への巻き道を進路を分ける鞍部、ブナ平から七ツ石山を見上げることとなります。 七ツ石をパスして鴨沢に降りる場合は右側の巻き道から。 ブナ平から七ツ石山ピークまでは標高差で120m弱の登り返し。 地形図が表す通りピークから伸びてくる尾根に九十九折の登山道がついたとても面白い登山道です。 本日最後の登りなので歩幅、乗り込み、バランス移動を意識しながら丁寧かつ軽快に15分ほどでピークをパスして50mほど降り、鴨沢方面には向かわず、小袖からのツツジ咲く谷筋をトラバースしながら千本ツツジ分岐へと進みます。 山頂出発から標高差300m、3時間予定の区間を2時間20分となかなかいいあんべぇ。 【千本ツツジ1704→赤指山分岐1300→林道980→舗装道870 →峰谷バス停590】 千本ツツジからはあまり一般的でない赤指尾根を使って峰谷まで標高差約1,200mを下ります。 そうなんです、まだ1,200残ってるんですよ。 ま、ひたすら下り、最後の2kmは舗装道だしってことで4時間以内での下山を目指します。 12時30分千本ツツジを出発。 なだらかな尾根筋を尾根に乗ったり、外れたりしながらハイピッチで下ります。 僕らが降りで意識するのは「体が勝手にハイピッチで降っちゃうんですよー」的感覚。 ・ フォールライン(降る方向)に正対 ・ 骨盤を立て、胸を張り、ヘッドアップ すれば当然重力に従い身体は下に向かって落ちていきます。スキーと同じ。 で、しっかり膝から足あげてあげれば引っかかることなく下方へ前進。 前荷重になっているのでズルッとすってんころりんすることもありません。 こんな要領で千本1,700から赤指山分岐1,300までの標高差400mを約50分で降りてきました。 ここからは赤指山方面には進まず、峰谷川方面からの谷をトラバース気味に降る進路をとります。 ここまでの尾根筋の道とは異なり、片側が谷となるトラバースルート。 ところどころ、道幅も狭く昨日の雨の影響かところどころ崩落しているので注意深く進みます。 昨日の雨がゲリラ豪雨や台風だったらいとも簡単に崩落しそうな箇所がところどころあり、、、 ここまで降りてきて崩落していたら、千本まで登り返して別ルート行く?安全確保しながら先に進む? 単独や家族連れで来ていたら自分はどう判断するんだろうか。 地形図からトラース道とはわかっていましたが、正直ここまでのリスクは予測していませんでした。 ひとつ知識が増えた。 前の区間は標高差400を50分、トラバース区間は標高差300を約1時間かけて進みました。 トラバース区間が終わると整備された林道を経て峰の集落が点在する舗装道を2km弱進み峰谷バス停にたどり着きます。Read More →